言ってしまいがちだけど絶対ダメ!印象最悪な転職理由




様々な理由で転職を考える人がおり、面接でもなぜ転職することになったのかという転職理由を聞かれることになります。

もちろんその場で、こういうことがやりたいが今の職場ではそれができないから、その分をこの会社でぶつけたいといったことを転職理由として挙げるなどすれば評価されるでしょう。

しかし、理由によってはむしろ逆効果になってしまうこともあります。



マイナス評価を受ける転職理由の中で一番ありがちなのは待遇に関することです。

前の職場では給料が安い、休めない、有給休暇を使わせてもらえないといったことを理由に挙げ、ここならば大丈夫そうといったことを言ってしまえば、当然ながらいい評価にはなりません。

会社としては、即戦力になる人を求めたいのであって、待遇に不満を抱えている人を雇ったとしても同じことを言われてしまうのではないかと考えます。

つまり、面接にやってきた人を自分の会社の社員として見ており、悪影響を与えてしまうのではないかと考えてしまいます。

ですので、待遇に関することが本当の転職理由であったとしても、極力言わないようにしましょう。



前の会社の不満もあまり言わないのが無難です。

待遇に関する不満と同じで、仕事を任してもらえない、好きなことができないといったことを周囲にぶちまけたとしても、プラスになることがあまりありません。

自分がもし管理職、面接官として、その転職理由でいい印象を受けるかどうなのかを考えた上で転職理由を言うようにしましょう。




同じカテゴリーの最新の記事

  • 言ってしまいがちだけど絶対ダメ!印象最悪な転職理由

    様々な理由で転職を考える人がおり、面接でもなぜ転職することになったのかという転職理由を聞かれることになります。 もちろんその場で、こういうことがやりたいが今の職場ではそれができないから、その分をこの会社でぶつけたいといったことを転...


  • 採用される可能性が高まる転職理由!「キャリアアップ」は魔法の言葉

    昔は当たり前だった終身雇用制が崩壊し、今では転職を行う人が非常に多いです。 人間関係や職業への適性など、転職理由は人によって様々ですが、キャリアアップのために転職する人も増えています。 キャリアアップのために転職する場合は、...


  • 面接官の目に止まりやすい転職理由の書き方

    転職活動において志望動機や転職理由において悩むところですが、言い方次第で面接官に好印象に受け止められる内容なので推敲して面接に臨むと良い結果が期待できるでしょう。 特に転職においてプラスになる理由であれば全面に出してそのまま伝える...