採用される可能性が高まる転職理由!「キャリアアップ」は魔法の言葉




昔は当たり前だった終身雇用制が崩壊し、今では転職を行う人が非常に多いです。

人間関係や職業への適性など、転職理由は人によって様々ですが、キャリアアップのために転職する人も増えています。

キャリアアップのために転職する場合は、転職理由を転職希望先の企業に上手く説明する必要があります。



キャリアアップは転職理由の中では前向きな部類であるといえます。

上手く転職理由をアピールすれば、強い上昇志向を感じ取ってもらえるので、採用される可能性が高まるでしょう。



実際のところは、上司への不満や仕事を任せてもらえないことに対する苛立ちが転職の理由である場合もあるでしょう。

しかし、素直にそう説明してしまうと、敬遠されてしまう恐れがあります。

面接官には転職希望者が正しいことを言っているか判断が難しいからです。

もしかすると転職希望者に問題があると懸念されてしまう可能性があります。

そのため、不満を理由にはせずに、なるべくポジティブな理由を述べるようにしましょう。



例えば営業職の場合、国内だけでなく海外の顧客も相手にしたいといえば、グローバルに活躍できそうな人材として好印象を与えられるでしょう。



技術職であれば、開発だけでなくプロセス管理なども行っていきたいと伝えると評価が高まる場合が多いでしょう。

開発チームのリーダーを担える人物として期待されるからです。



もちろん、本心でないことを言うのはよくありません。

しかし企業が求めている人物像を把握して、それに近づこうと思えるなら、そうなりたいことを自分の転職理由として話しても問題ないといえるでしょう。




同じカテゴリーの最新の記事

  • 言ってしまいがちだけど絶対ダメ!印象最悪な転職理由

    様々な理由で転職を考える人がおり、面接でもなぜ転職することになったのかという転職理由を聞かれることになります。 もちろんその場で、こういうことがやりたいが今の職場ではそれができないから、その分をこの会社でぶつけたいといったことを転...


  • 採用される可能性が高まる転職理由!「キャリアアップ」は魔法の言葉

    昔は当たり前だった終身雇用制が崩壊し、今では転職を行う人が非常に多いです。 人間関係や職業への適性など、転職理由は人によって様々ですが、キャリアアップのために転職する人も増えています。 キャリアアップのために転職する場合は、...


  • 面接官の目に止まりやすい転職理由の書き方

    転職活動において志望動機や転職理由において悩むところですが、言い方次第で面接官に好印象に受け止められる内容なので推敲して面接に臨むと良い結果が期待できるでしょう。 特に転職においてプラスになる理由であれば全面に出してそのまま伝える...