面接官の目に止まりやすい転職理由の書き方




転職活動において志望動機や転職理由において悩むところですが、言い方次第で面接官に好印象に受け止められる内容なので推敲して面接に臨むと良い結果が期待できるでしょう。

特に転職においてプラスになる理由であれば全面に出してそのまま伝えるという事は良いですが、中には前職を嫌で辞めたというケースも多いので出来ればマイナス要素となる理由は敢えて取り上げずに前向きな転職理由を考えると良いでしょう。



マイナス要素でも言い方次第ではプラスになる事は出来ます。

例えば人間関係で悩みぬいた末に辞めた場合でも結果としては人間関係が嫌だという理由ですが、面接を受ける会社に惹かれた部分が少なからずあるのでその部分を前面に出す事がお勧めです。

複雑な人間関係が嫌だけども新たな環境下で自分の才能を伸ばしてみたいなど新しい環境に行く事で視野を広げたいという解釈では当然同じ人間関係が嫌という理由でも前向きな言い回しが評価されるでしょう。



また、転職理由において「なぜ当社でなければならないのか」という点も加えて書く事でより面接官が採用後の展望を立てやすいでしょう。

自分の持っているスキルが事業のある点に役立ちそうなど、どういった点で貢献できるか具体的に書く事が理想でもあります。



また未経験の場合にはいかにやる気を評価してもらえるかが重要です。

どういった点で興味を持ち、それに向けて勉強中であると伝えると面接官に意欲が伝わりやすいでしょう。




同じカテゴリーの最新の記事

  • 言ってしまいがちだけど絶対ダメ!印象最悪な転職理由

    様々な理由で転職を考える人がおり、面接でもなぜ転職することになったのかという転職理由を聞かれることになります。 もちろんその場で、こういうことがやりたいが今の職場ではそれができないから、その分をこの会社でぶつけたいといったことを転...


  • 採用される可能性が高まる転職理由!「キャリアアップ」は魔法の言葉

    昔は当たり前だった終身雇用制が崩壊し、今では転職を行う人が非常に多いです。 人間関係や職業への適性など、転職理由は人によって様々ですが、キャリアアップのために転職する人も増えています。 キャリアアップのために転職する場合は、...


  • 面接官の目に止まりやすい転職理由の書き方

    転職活動において志望動機や転職理由において悩むところですが、言い方次第で面接官に好印象に受け止められる内容なので推敲して面接に臨むと良い結果が期待できるでしょう。 特に転職においてプラスになる理由であれば全面に出してそのまま伝える...